FC2ブログ

アラサーOL、気になるあれこれ

気になるあれこれを、やってみたり、みてみたり、語ってみたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レーシック手術体験記-その1

レーシック手術受けました

まだ、安定していなうので、ピントがいまいち合ってませんが、徐々に一ヶ月くらいかけて合っていくらしい。

視力の回復はどのくらいしたかというと、0.1ない視力から(正確な視力不明)1.5になりました!



予約時間通りに行ったものの手術前に待ち時間が長くてね。

世の中多くの人がレーシック手術を希望してるんだなと実感。

ひたすら、待合室のテレビに流れている南海キャンディーズの山ちゃんがレーシック受ける番組やレーシックの説明の映像を見たり、他の患者さん観察したり(とある芸人さんもきてた)して一時間くらい待ちました。


ようやく呼ばれて、目の状態の検査後手術へ。

ここで目にキズがあったりすると当然手術は延期になってしまいます。

そんな方もおりましたね。 一ヶ月後ですって。


手術自体短時間で終了。

10分くらい?

あんまり不安とか緊張というものはなかったけれど、さすがに手術台にのるとドキドキ…。

手術中は看護師さんが手を握ってくれます。

ひどく緊張する人には、緊張を和らげる薬をだしてもらえるよ!

私は平気そうだったのでもらってません。


先生や看護師さんなど皆さん手馴れてるので、どんどん準備がされていきあれよあれよという間に色々顔に貼り付けられていきました。


最初の処置で目の周りをぎゅーっと押される工程があって、これが手術の中で一番痛く、辛い時間だった・・・。(涙)

本当に涙が出てきました。

この拷問にいつまで耐えればよいのか、という心境だったよ。

その後目にレーザーを当てるのですが、横からカウントダウンが聞こえておりました。

そして終了。


薄暗い部屋(リカバリールームという名称)でしばしの休息の後帰宅。(その日は近場のホテルに宿泊)

このリカバリールームに先客がおりましたが、しばらくするとイビキが。

その気持ちわからんでもない。




手術受けたらすぐに遠くまで見通せるのかと思っていたけどそううまくいくもんではないんだね。

個人差があるとのことですので、人それぞれだとは思うのですが、私の場合は汚れたコンタクトレンズをはめているような見え方だった。(つまり完全にまだピントが合っていない)


一歩外に出たら普通の日差しが凶器となって目に飛び込んできた。

まともに目を開けていられない…。

痛みも徐々にやってきて普通に歩くのも困難。

この痛みの種類はハードコンタクトレンズ装着時にゴミが入った時の痛さと酷似している。

その痛みが夜の7時くらいまで続きました。(手術受けたのは1時くらい)

痛みが一晩続くものかと思って、一錠だけもらった痛み止めを飲まずにひたすら耐えていたんだけど、おさまってしまってちょっと損した気分だった…。


↓痛みに耐えながらホテルチェックインまでの時間つぶしに食べた苺ムース
Photo_20101229.jpg


↓応援お願いします

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 21:54:57|
  2. 日常に役立ちそう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arekore844.blog18.fc2.com/tb.php/61-c306df70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。